熱くて気持ちいい…かも

「あ……ん……♡おおきっ……」
裸の女性が男性とエッチしていた。モニターの中で。
「この子、おっ○い大きいすね」
「おう」
「たまんねぇ。やりたいすね」
「おう」
男二人、とある一室でAVを鑑賞していた。そこに、
「松本くん!バッティングの練習、付き合って!」
「わなばばば、ばっ、おまっ、ケン!?」
「?」
「誰だそいつ」
「近所のガキで。たまに野球教えてるんですよ」
そう、松本の後輩というか知り合いの野球少年・ケンが偶々やってきて、居合わせる事に。
「おー。すげーすげー。松本君、あれやったことあるの?気持ちいい?」
「う……」
童貞の松本は答えられない。一方の先輩も童貞だった。でも興味心旺盛なケン。
彼を見て先輩は、
「ボウズ。エッチな事、教えてやるよ」
そういって彼はズボンとパンツを脱ぎ、勃起チ○ポを彼に見せる。
「でけー。これ、舐めれば良い?汚くない?」
「大丈夫だ」
「ちょ、やめましょうよ。こんなガキ相手で。しかも男相手にこんな事」
でも先輩は男性相手も経験済みで。しかもケンまでその気になり、彼の勃起したモノを舐め、咥えはじめ……
借金 相談 福島県