勤め人には撥ね付ける

昭和62ご時世、初夏のことだ。
自分は仕事場のコマンドで今、不便な山村の支社に来ていた。それほど、赴任です。勤め人には撥ね付けるすべはなかったものの、もちろんうちも無い。
なのでここにきてひとたびした事は家探しです。
で、そんなときに出会ったのが、
「こんには。あたい、木下うずらと申します」
白いワンピースの似合う小柄な女の子、いや、美少女だった。
主人はどうも家のマエストロ氏らしく、どうしても自分に利用してほしいと言う。っても家は木造ジャンルで、断じてぼろっちい。乗り気になれない自分。
「じゃあ、Hな事をしたら契約してもらえるか?」
「え?」
家の一室で、するするとワンピースを取り出すうずら君。真面目かよ。
あらわになる主人の肉体。健康的な褐色スキンに、たわわに実った形の可愛い小ぶりなおっぱ○……自分は我慢できなくなり、主人を抱いた。獣の様に力強く、乱暴に主人を犯した。
そして気づいた。どうも主人、処女だったらしき。じゃあ初めての恋人は自分?
「か、帰ってきたら何時でもエッチできるんですよ?」
一年中エッチできるだと!?
自分はうずら君にどんどん夢中になって赴き……。
ガイド作品は旦那専用力作。
個人的に、今期一番のお求め力作だ。
キャラクターは左遷されてきた勤め人。うずら本当にめぐりあい、エッチを代償に家を借りることになります。うずら君は小柄なうわべに反して、非常に姿勢がえろく、しかも未トライの割合積極的にエッチしてくれます。
おまけにスイムスーツを着てくれたり、色んなエッチな容貌でお客様を長所してくれます。しょうもないけど、ボディーはおとな顔負けのカワイイ美少女、うずら君。コイツでも家のマエストロ氏。
家に入居すれば主人とエッチがし放題。最高じゃないですか!
しかし、エッチづくしの両者ですが、間もなく終わりのタイミングがやってきます。それほど、キャラクターの下に更に辞令が届き、赴任することになってしまったのです。そのことをうずら君に教えると、
「あなたは、私のことをまたひとりぼっちにするんですか……」
もの悲しそうな目線でキャラクターを見詰めるうずら君。いまや主人同然の側なのに、キャラクターは見限ることが出来るのか?
非常に見せ場たっぷりだ。全編全力色つやなのも喜ばしい!従来のライターの力作以上に挿し絵が綺麗なのも印象的だ!
正邪一度、実例を読んでみてください!後悔しないデキだ!
仙台市の不倫調査